2018/08/15

香港人事管理・ここがポイント(第8回) 採用編「“内定通知書”を出して決める!」

パソナアジアカンパニーリミテッド 戸崎悦子

 

今週の人事管理のプロ、我らの“ポイントさん”がお答えするのは「採用内定」です。

☆P商事(香港)営業所の山田部長は、補充要員の営業アシスタント採用活動もいよいよ佳境に入りました。人選までできた山田部長。しかし、のんびりしてはいられません。採用内定をどう取りまとめ入社までこぎ着けるか・・・と、今日もポイントさんの話に熱心に聞き入っています。

 

山田部長「ポイントさん!昨日の二次面接でついに決めたよ!」

ポイントさん「そうですか!どなたに決められましたか?」

山田部長「呉さんと陳さんを二次面接して、呉さんに決めたよ。一次面接まではどうなることかと思ったけど、さすがポイントさんのご指導のおかげだね。二次面接ではリラックスしたムードで具体的な仕事の話ができたから」

ポイントさん「それはよかったですね」

山田部長「さっき、電話で呉さんには内定を伝えておいたから、後は“果報は寝て待て”ってところだね。現職の辞職通知には、1カ月かかるってことだから・・」

ポイントさん「あの山田部長。採用内定の通知書は出されないのですか?」

山田部長「そんなの大丈夫だよ。彼女を採用すると決めた僕の言葉に二言は無い!」

ポイントさん「はい・・でも、電話でお知らせするだけで呉さんは本当に今の会社に辞表を出してもらえるんでしょうか?」

山田部長「ええ?!彼女も電話で了解していたと思うよ。優秀でしっかりしている信頼できる人材だったから今回採用を決めたんだ。約束どおり入社してくれるに決まっているさ」

ポイントさん「そうですか・・その上、優秀でしっかりしている方ですね・・」

山田部長「なんだよその言い方、気になるなあ・・やっぱり書面が必要?」

ポイントさん「優秀でしっかりした人であればあるほど、内定通知書をもらえない状態のまま“辞職願い”を提出するでしょうか?」

山田部長「そうか・・・実は、呉さんからも“オファーレター”をとか言われてたんだけど、そういうことだったんだね。ここでは、口約束だけではダメか・・」

ポイントさん「そうですね。急いで入社してほしいのであればあるほど、こちらも要領よく内定通知書をまとめて差し上げましょう」

山田部長「日本の内定通知は極めてシンプルだけど、それでいいのかなあ」

ポイントさん「こちらでは、より具体的に採用条件面を中心にまとめていただきたいです」

山田部長「どんな項目をまとめればいいのかなぁ?」

ポイントさん「☆P商事にも『雇用契約書』がありますね。そのダイジェスト版を作成するとお考えください。項目としては、①氏名 ②役職名 ③配属 ④初任給 ⑤入社予定日 ⑥試用期間 ⑦試用期間中の辞職/解雇の通知期間 ⑧試用期間終了後の基本給見直し有無 ⑨ダブルペイやボーナスその他手当て支給 ⑩加入する保険の内容等々、一通りを書きまとめます」

山田部長「はぁ・・超現実的だよなあ。入社前なのに解雇や辞職、働く前から“年休にボーナスか・・」

ポイントさん「このような通知書や英文レターは“ブラック&ホワイト”が基本。なるべくグレー部分を作らないように気をつけてください」

山田部長「そうか、それじゃ早速準備するよ。せっかくここまできたんだものね。

♪採用までの道のりは~長くて険しい道がある♪・・かぁ。そうだ!ポイントさん、久しぶりにカラオケでもどう?」

ポイントさん「山田部長、この前みたいに♪飲んで、飲んで飲まれて飲んで♪だったら、いつまでたってもこの「通知書」書けませんけど・・」

(2007年10月22日掲載記事)

コラムARCHIVE

Pasona Asia Co., Limited パソナアジアカンパニーリミテッド
TEL: 852-2882-3913 (日本語ライン), Fax : 2890-8553, E-mail : hrmhk@pasona.com.hk
17/F., Ashley Nine, 9 – 11 Ashley Road, Tsim Sha Tsui, Kowloon, Hong Kong