Point 香港人事管理・ここがポイント!
  TOP > 香港人事管理・ここがポイント!
香港人事管理・ここがポイント!


最新記事
バックナンバーの一覧はこちら

第15回 「辞める理由・・・なんでそうなるの?」

パソナアジアカンパニーリミテッド 戸崎悦子

 今週の人事管理のプロ、我らの“ポイントさん”は、「社員が辞職する理由」についてお話しします。

☆P商事(香港)営業所の佐藤総経理は赴任してきて1年。今年は特に、社員からの『辞職願い』を受け取ることが多くなってきました。そこで気になり、今日も、なんといっても頼りになる我ら“ポイントさん”に話を聞いてみることにしました。
佐藤総経理
「ポイントさん、何だか毎日のように『辞職願い』と人材採用のための稟議書ばかりが私のところに上がってくるんだけれど、今年は一体どうなっているんでしょう?!」
ポイントさん
「はあ、なるほど、それが原因でそのりりしい眉毛を八の字に曲げてしまわれていたのですね」
佐藤総経理
「あっそうでしたか・・・顔に出てましたか。でも、これだけ毎日のように辞職願いが出ると、さすがの私も考えてしまいますよ。理由は一体何なのでしょう」
ポイントさん
「佐藤総経理は、香港人と集団心理の関係をご存知ですか?」
佐藤総経理
「いやぁ、聞いたことありませんなぁ」
ポイントさん
「随分前ですが、新聞に取り上げられていた専門家の話でして、人と生活空間の関連を調べたものでした。その研究では、人口密度が高い生活空間で暮らしていると、他人からの影響を過敏に受けやすくなってくるというものです。この論理からすると都会で暮す人々の方が、田舎で暮らす人々よりも周りの情報に過敏に反応してしまう、集団心理が働くということになります。そこで、実際に、世界でも有数の人口過密都市で暮らす香港人を対象に、この調査を行ったところ、香港人は常に他人からの影響を受けやすい心理状態にある・・つまり常に集団心理が働いている・・という話です」
佐藤総経理
「はぁ・・・」
ポイントさん
「これを☆P商事の社員心理に置き換えられても同じことが言えます。特にボーナスや昇給が一通り支給されてきたこの時期は、ことのほか、同僚の動きが気になります。」
佐藤総経理
「それじゃ、辞職願いを出した社員には、できるだけ早くお引き取りいただくべきってことかねぇ。でも、後任を見つけ、引き継ぎもきちんと済ませて・・・というのが、せめてものリクエストなんだけれど・・でも、周りの社員が集団心理を働かされると困るなぁ・・この辺の影響は最小限に押さえたいところ・・」
ポイントさん
「本当に総経理のご心配はつきませんね。でも、そのような同僚からの影響だけではなく、転職サイトのコマーシャルなども地下鉄やバスの中、テレビコマーシャルなどけっこうどこでも目にします」
佐藤総経理
「それじゃあ、帰宅途中や家に帰ってお茶の間にいても、転職のコマーシャルで香港人の集団心理は煽られっぱなしってわけかぁ・・」
ポイントさん
「そうですね。ちょうどこの調査結果もご説明することにしましょう」
佐藤総経理
「どんな調査ですか?」
ポイントさん
「まずは、政府の統計局発表の2007年度第三期における離職率ですが、なんと4.54%と発表されています。これは2002年以来の最高値を記録していますから、今年の労働者市場を物語っているともいえます」
佐藤総経理
「はぁ・・」
ポイントさん
「それから、ここには香港人力資源管理学協会(HKIHRM)が毎年行なっている「社員の離職理由について」の調査結果があります。この調査に答えた労働者のうち29%が、自らの離職理由として“他社からのより良いオファー”と答え、また、18%が“給与や賞与に対する不満から”と答えています」
佐藤総経理
「29%プラス18%は、47%・・はぁ、ほぼ半分が“金”で左右されているということですね・・。まぁ、これは想定内ではあるんだけど、半分とはちょっとさびしいなぁ。ポイントさん、会社ってのはねぇ、お金でも買えない“経験”というものを与えてくれてるんだよねぇ・・・」
ポイントさん
「ほお、さすが佐藤総経理。おっしゃることには含蓄がありますねぇ」
佐藤総経理
「含蓄っていうより愚痴だけどね・・・ところで、その他に挙げられた辞職理由は?」
ポイントさん
「その他には“社内のコミュニケーション不足”。また、“管理職の管理能力不足”というのもあります」
佐藤総経理
「ふう~ん。でも、ちょっと待てよ・・この調査は、どんな企業の社員を対象としたんだろう?」
ポイントさん
「この調査対象は、主に香港の地元上場企業を中心とした大手から中小企業に働く社員です」
佐藤総経理
「・・・・それなのに“社内コミュニケーション不足”と“管理職の管理能力不足”なんていうのが離職の原因となると、日系企業の我々の場合には、もっと事が重大になっていないだろうか?!」
ポイントさん
「そうですね。重要な点であると思います。やはりそこは、トップマネージメントの皆さんと社内でも中間管理職の現地マネージャーレベル間において、常々根気よく、充分な話し合いや意見交換をされながら、仕事を進められる習慣を現地企業よりももっと意識してつけていかれる必要があるでしょう」
佐藤総経理
「まあ、根気のいる話には違いないなぁ」
ポイントさん
「けれど現地社員に“働く気”になってもらうには、彼らも参加しているという実感を与えていただきたいですね」
佐藤総経理
「そういうことだね。ここじゃ“飲みニケーション”ができないしねぇ・・・」
ポイントさん
「ああ、それからもう一つ、離職の理由に挙げられているものに“オフィスの移転” というのがあります」
佐藤総経理
「ああ、そんなことまで原因になるんだ。こんなに狭い香港だから通勤時間が気になるなんて・・・」
ポイントさん
「いえいえ、通勤時間ということもあるのでしょうが、女性社員の場合には、通勤する“エリア”を気にする人が多いようです。企業側は、香港の不動産高騰が激しい折ですから、今までのオフィスをセントラルやTSTといった中心地から、工場ビルが立ち並んでいるエリアへ移転されるケースも増えていますね。しかし、どうも古い工場ビルエリアへ通勤するよりも、ちょっとおしゃれなエリアへ通勤したい・・というOL心理のようですね」
佐藤総経理
 「はあ、これは、日本と似てきてますね・・・。でも、いろいろな理由はあるようですが、そこはなんと言っても我らのポイントさんじゃないですか・・なんとか社員を辞めさせない“妙案”をこのあたりで私にも教えてくださいよ!」
ポイントさん
「佐藤総経理・・・妙案と言われましても・・・」
佐藤総経理
「ポイントさん、なんだか今度はポイントさんの眉毛が、私の眉毛のようにすっかり八の字になってますけど・・」
ポイントさん
「すいません!さすがの私も、狭い香港での暮らしがすっかり長くなっているものですから・・・」
  • Pasona Asia Co., Limited パソナアジアカンパニーリミテッド
  • TEL: 852-2882-3913 (日本語ライン), Fax : 2890-8553, E-mail : hrmhk@pasona.com.hk
  • Unit 01, 12A/F., One Peking,1 PekingRoad, TsimShaTsui., KLN., H.K.

ページのTOPへ ▲


>> 個人情報保護方針(英文)
Copyright(c) Pasona Asia Co., Limited